読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
こんにちは!東松山・坂戸・若葉エリアの不動産屋、(株)松堀不動産です。
地域のオーナー様から投資家オーナー様まで、賃貸経営に役立つ情報を発信していきます!

世の中には大胆ゆるゆるな契約もある

こんにちは、事務の田中です。

今日は珍しい書類を作りました。

オーナーさんから、「以前に取り交わした店舗の土地建物賃貸借契約書の添付図面が間違っていたので、合意書を作ってほしい」(弊社の契約じゃないですよ、念のため)とのお話が。

間違い箇所は土地の契約範囲を確定する図面なんですが、見事にしるしをつける範囲が反転しちゃって、貸してない場所も貸してるように、また一部無断使用しているように契約上はなっちゃってます。。
合意書では今回の更新契約書でこの錯誤を双方認め、今実際に使っている範囲の図面を改めて承認することを合意する旨を書きます。

それにしても、最近こんなびっくりするような大胆な契約書のミスだったりをよく見るような気がします。
管理移行で弊社にきた物件で、前の管理会社が更新契約書を一切作っていないなんてのもありました。口約束で電話口でOKだったみたいです(><)怖いよ。